浮気の場合の慰謝料

配偶者が浮気した場合の慰謝料請求に関してはさらにデリケートな問題が関係します。単に自分と配偶者だけの問題だけでなく、浮気相手に対しても慰謝料を請求するケースもあります。慰謝料の請求だけでなく、離婚に向けての調停や親権問題なども絡んでくる可能性も高いわけです。とにかく浮気が発覚して慰謝料を請求するような状況になった場合は、浮気の証拠を確保して、弁護士など専門家に相談するほうがよいでしょう。浮気相手の身元調査というものも必要になってくるかもしれません。不倫問題を専門におこなっているような弁護士に相談を持ちかけるというのが一番スムーズなやり方かもしれません。

弁護士浮気の場合の慰謝料もかなり金額に幅がありますので、双方の状況によって違ってきます。自分の知り合いが浮気の慰謝料で300万円もらったからといって自分の場合も同じだけもらえるとは限りません。資料の作成ということであれば行政書士や司法書士でもできるわけですが、相手との交渉ということになると行政書士や司法書士はそうした権限がないので、できれば最初から弁護士に相談したほうがスムーズでしょう。配偶者や浮気相手が慰謝料どころか話し合いにすら応じないような時、あるいは相手側も弁護士を立ててきた時もやはり弁護士に頼るほうが賢明です。

アディーレ法律事務所 / 慰謝料請求