慰謝料とはそもそも何?

世の中のいろいろな場面で慰謝料を取れたとか、払ったなんていう話を聞く機会があるでしょう。しかしこの慰謝料というのはそもそも何なのでしょうか。民法においてはこの慰謝料というものは他人の権利を侵害した場合の賠償責任や他人の身体や自由を侵害した際、または財産上の権利を侵害した場合の損害賠償を言っています。もちろん民法でありとあらゆる財産上、身体面での侵害と慰謝料の関係を事細かに金額まで決めているわけではないので、ケースバイケースで慰謝料のが出る出ない、金額がどれくらいになるかはその都度違いが出てきます。

女性慰謝料と聞くと浮気や不倫などの場合の慰謝料や、あるいは交通事故の場合に支払う慰謝料などを思い浮かべるかもしれません。交通事故に関して予想される損害は人身損害と物的損害に分かれています。そして人身損害に対しておこなわれる賠償は財産的存在と精神的損害に分けられており、その精神的損害に対して支払われるのが慰謝料と呼ばれるものとなります。浮気や不倫に関しても当然精神的苦痛とそれに伴い別居や離婚などになった場合さらに経済的な問題なども出てきてしまうでしょう。このように精神的また身体的に損害を与えた場合の賠償として支払われるのが慰謝料です慰謝料の請求に関してはいざそのような状況にならないと具体的にどのように請求をしていくのかわからないかもしれません。まずは慰謝料請求に関する基本的なことを理解しておく必要があります。