慰謝料の請求方法

慰謝料の請求方法その一は個人的な示談つまり双方の話し合いで解決するという方法です。示談であれば裁判などをすることもなく、また専門家の世話になることもなく当事者同士で解決することになりますので、余分に費用がかかることもないですし、時間を過度に取られることもないでしょう。しかし示談だと本当に相場の適正な慰謝料を支払ってもらっているかどうかわからないということがあります。また後々揉め事にならないように慎重にやらなければいけないという点もあります。

クローバー他に慰謝料を請求する方法としては裁判があります。裁判所で当事者たちが自分の主張や立証をして、裁判官の判断を仰ぐ方法です。こうした栽培で慰謝料を請求すると、賠償金の計算方法が違うのでより高額になる可能性があり、しっかりと白黒つけることが可能です。一方で裁判になってしまうと時間や労力も要しますし、弁護士費用というものも必要になってきます。さらに場合によっては示談よりも自分にとって不利な結果になってしまうという可能性もあります。示談の内容がある程度納得いくものであれば、裁判などにせずに示談でまとめるという方法が好ましい場合もあるわけです。このあたりは慎重に判断する必要があります。最後に浮気の場合の慰謝料請求について説明します。