浮気の場合の慰謝料

配偶者が浮気した場合の慰謝料請求に関してはさらにデリケートな問題が関係します。単に自分と配偶者だけの問題だけでなく、浮気相手に対しても慰謝料を請求するケースもあります。慰謝料の請求だけでなく、離婚に向けての調停や親権問題なども絡んでくる可能性も高いわけです。とにかく浮気が発覚して慰謝料を請求するような状況になった場合は、浮気の証拠を確保して、弁護士など専門家に相談するほうがよいでしょう。浮気相手の身元調査というものも必要になってくるかもしれません。不倫問題を専門におこなっているような弁護士に相談を持ちかけるというのが一番スムーズなやり方かもしれません。

弁護士浮気の場合の慰謝料もかなり金額に幅がありますので、双方の状況によって違ってきます。自分の知り合いが浮気の慰謝料で300万円もらったからといって自分の場合も同じだけもらえるとは限りません。資料の作成ということであれば行政書士や司法書士でもできるわけですが、相手との交渉ということになると行政書士や司法書士はそうした権限がないので、できれば最初から弁護士に相談したほうがスムーズでしょう。配偶者や浮気相手が慰謝料どころか話し合いにすら応じないような時、あるいは相手側も弁護士を立ててきた時もやはり弁護士に頼るほうが賢明です。

アディーレ法律事務所 / 慰謝料請求

慰謝料の請求方法

慰謝料の請求方法その一は個人的な示談つまり双方の話し合いで解決するという方法です。示談であれば裁判などをすることもなく、また専門家の世話になることもなく当事者同士で解決することになりますので、余分に費用がかかることもないですし、時間を過度に取られることもないでしょう。しかし示談だと本当に相場の適正な慰謝料を支払ってもらっているかどうかわからないということがあります。また後々揉め事にならないように慎重にやらなければいけないという点もあります。

クローバー他に慰謝料を請求する方法としては裁判があります。裁判所で当事者たちが自分の主張や立証をして、裁判官の判断を仰ぐ方法です。こうした栽培で慰謝料を請求すると、賠償金の計算方法が違うのでより高額になる可能性があり、しっかりと白黒つけることが可能です。一方で裁判になってしまうと時間や労力も要しますし、弁護士費用というものも必要になってきます。さらに場合によっては示談よりも自分にとって不利な結果になってしまうという可能性もあります。示談の内容がある程度納得いくものであれば、裁判などにせずに示談でまとめるという方法が好ましい場合もあるわけです。このあたりは慎重に判断する必要があります。最後に浮気の場合の慰謝料請求について説明します。

慰謝料とはそもそも何?

世の中のいろいろな場面で慰謝料を取れたとか、払ったなんていう話を聞く機会があるでしょう。しかしこの慰謝料というのはそもそも何なのでしょうか。民法においてはこの慰謝料というものは他人の権利を侵害した場合の賠償責任や他人の身体や自由を侵害した際、または財産上の権利を侵害した場合の損害賠償を言っています。もちろん民法でありとあらゆる財産上、身体面での侵害と慰謝料の関係を事細かに金額まで決めているわけではないので、ケースバイケースで慰謝料のが出る出ない、金額がどれくらいになるかはその都度違いが出てきます。

女性慰謝料と聞くと浮気や不倫などの場合の慰謝料や、あるいは交通事故の場合に支払う慰謝料などを思い浮かべるかもしれません。交通事故に関して予想される損害は人身損害と物的損害に分かれています。そして人身損害に対しておこなわれる賠償は財産的存在と精神的損害に分けられており、その精神的損害に対して支払われるのが慰謝料と呼ばれるものとなります。浮気や不倫に関しても当然精神的苦痛とそれに伴い別居や離婚などになった場合さらに経済的な問題なども出てきてしまうでしょう。このように精神的また身体的に損害を与えた場合の賠償として支払われるのが慰謝料です慰謝料の請求に関してはいざそのような状況にならないと具体的にどのように請求をしていくのかわからないかもしれません。まずは慰謝料請求に関する基本的なことを理解しておく必要があります。